選ぶ時にチェックしたい家庭用昇降機の機能

家族をお持ちの方にとっては、二階建てや三階建ての家にお住いの方も多いでしょう。若い方、足に支障がない方にとっては階段の上り下りは問題ありませんが、高齢の方や足に支障がある方にとって、毎日の生活の中での階段の上り下りは、とても負担になります。無理に上り下りを行っていると、余計に足の状態が悪くなってしまうことや、階段を踏み外して怪我をしてしまうということにもなりかねません。そうは言っても、すぐに家にエレベーターをつけるわけにはいきません。そんな時に、一般の家庭でもつけられるのが家庭用の昇降機です。昇降機は階段に取り付けるもので、主にいす式の昇降機と車いす用の昇降機があります。いす式のものはいすに座って、車いす式のものは車いすに座ったまま昇降機に乗り、階段を上がる事ができるので、利用する方の身体への負担はほとんどありません。そんな昇降機の特徴や機能をご紹介します。

家庭用の昇降機にはどのような機能があるか

階段を自分の脚で上るのが難しい方には家庭用の昇降機が良い事はわかりましたが、実際に昇降機はどのように使うのでしょうか。家庭で使う物は基本時にいす式の物です。いす式の昇降機は操作設定が簡単なのですぐに一人でも乗り降りする事ができます。もし介助が必要な場合には色々なオプション機能を設定する事ができます。乗りやすいように椅子の回転機能も二段階ついていたり、立ったまま乗れるよう脚乗せ台の折り畳みができたりします。また、いす式の昇降機にも種類がいくつもあります。家庭用と言っても、家の階段の形状はそれぞれです。S時階段やらせん階段といったあらゆる形状の階段に取り付ける事ができる機種もあります。3階建てなど2階以上の階数の建物の場合には中間で停止したり中間から呼んだりできる機能もついていたりと、どの家庭にも対応できるような機種が揃っています。

家庭用の昇降機を使って安心安全な生活を

家庭用の昇降機は、身体が不自由な方でも自宅で安心して過ごすためのとても便利なものです。設置もほとんど1日で終わるものばかりです。ただ昇降機は日常的な機械ではないため、もし昇降機が故障したら、と不安になる方も多いでしょう。しかし、家庭用の昇降機を販売している会社では、機械のトラブルや故障にも24時間365日対応している所が多いです。他にも、福祉住環境コーディネーターや福祉用具専門相談員が在籍している会社もあり、昇降機だけでなく家全体を考えて福祉用具のアドバイスをしてくれるなど、昇降機を使うご本人にとっても、ご家族にとっても頼れる存在になります。階段の昇り降りが大変だと感じている、すでに階段に昇れないからあきらめてしまっているという方は、是非家庭用の昇降機を検討してみてください。