家庭用の昇降機を購入したい人のためのアドバイス

在宅介護を行う時に、階段の上り下りの負担を減らすため、家庭用昇降機の導入を検討する方が多いです。家庭用の昇降機は大きく分けると、家庭用のエレベーターや階段昇降機があります。家庭用エレベーターは車椅子のまま乗り込むことができ、階段昇降機のように乗り降りをする手間が必要ありません。家族も一緒に同乗できるのも家庭用エレベーターのメリットです。介護だけに限らず、荷物の運搬などにも使うことが可能です。住宅金融公庫の融資対象ですので、費用負担もある程度の軽減が可能です。ただし、スペースが必要なため、住宅のリフォームを行わなければならないことがほとんどです。取り付けをする際には、建築確認申請やエレベーターの確認申請が必要で、補強工事が必要な時もあります。また、年に1度の法定点検も受けなければなりません。

家庭用昇降機を選ぶ時のチェックポイント

家庭用昇降機の中でも家庭用エレベーターと比較して安価な費用で設置できるのが階段昇降機です。設置する際には、利用者の状態を正しく認識して適した機種を選ぶ必要があります。購入に際しては、福祉用具専門相談員の資格を有している人にアドバイスしてもらうのがおすすめです。利用者の身体の状態に合ったものを選ぶことも大切です。設置する段階で利用者が使いやすいかどうかも考慮します。住宅の構造によっては、階段の一部をリフォームすることで設置費用を抑えることも可能です。デザインや色などは多彩に揃っていますので、利用者の好みや家具との調和も合わせて選びましょう。購入後にどんなメンテナンスを行ってもらえるのか、その費用は1年でどれくらいかかるのかを購入前にあらかじめチェックしておくことも大切です。

家庭用昇降機はレンタルすることも可能

家庭用の階段昇降機はレンタルすることも可能です。初期費用として必要なのは、階段へのレールの設置費用だけです。大規模なリフォームや工事をしなければならない訳ではないため、費用負担は少なくて済みます。階段昇降機のレンタル費用は、月々1万円程度となっています。購入する場合は40万円程度になります。コストが高いため、これまでは主として病院や公共の施設などで用いられていましたが、レンタルサービスが始まったことで、家庭で介護を望んでいる方や自宅での生活を充実したものにしたい方の手助けとして、導入されるケースが増加しています。レンタルの場合は、業者によって24時間365日の体制で日常生活のサポートを行ってくれるので、機械のメンテナンスや安全チェックを任せることができ、安心というメリットがあります。