人気がある家庭用昇降機の特徴とは

足腰が不自由な方にとって階段の上り下りは大変です。特に、日常的に車椅子を利用されている方の場合、階段を上り下りすること自体難しいものですが、そんな時に便利なのが昇降機です。昇降機は、主に車椅子を利用されている方の移動をサポートする福祉用具のことで、段差解消機や移動用リフトとも呼ばれています。電動タイプのものや、スロープが設置できない狭い場所でも利用することができるものもあるほか、最近では家庭用の昇降機も登場しており、自宅の階段に設置することもできるようになりました。また、昇降機は近年問題となっている老老介護でお悩みのご家庭にもおすすめで、電動昇降機のうち固定しない据え置き型タイプの家庭用昇降機の場合は介護保険も適用されており、家庭でも導入しやすくなっています。

自宅にも設置可能な家庭用昇降機の種類

家庭用昇降機には、椅子型タイプのものや乗り込み型タイプのものなどさまざまな種類があります。主に階段に設置される椅子型の家庭用昇降機は、車椅子から降りて昇降機の椅子に座り移動するタイプのもので、乗り込み型の家庭用昇降機は車椅子に乗ったまま移動することができる昇降機となっています。また、階段に設置するタイプの昇降機には屋内専用のものと屋外でも利用できるものがあるほか、真っ直ぐな階段に設置できる直線型や、コの字型やL字型になっている階段に設置することのできる曲線型の昇降機があります。屋外用昇降機は過酷な天候にも対応しており、強い雨風にも丈夫な防滴や防塵の加工がされていたり、専用カバーが付いていたりするものもありますが、曲線型の昇降機は階段の形状や長さによって費用も異なります。

家庭用昇降機を選ぶ際のポイント

椅子型や乗り込み型など設置する場所や利用者の状態に合わせてさまざまなタイプがある家庭用昇降機ですが、家庭用昇降機を選ぶ際には設置スペースにあったものを選ぶことがなにより大切です。家庭用昇降機の中には折りたたみ式のものや狭いスペースでも設置しやすいタイプのものもありますが、椅子型の昇降機の場合は階段幅が75センチ以上でないと設置することができないため、家庭用昇降機を選ぶ際にはあらかじめ設置スペースを確認しておく必要があります。また、自宅の階段に椅子型の家庭用昇降機を設置する場合は階段が昇降機の重さに耐えられるかという点も確認しておくことが重要です。ほかにも、利用者本人や介助者が操作できるかという点も家庭用昇降機を選ぶ際には重要なポイントで、家庭用昇降機を選ぶ際にはできるだけスイッチでの操作が簡単なものを選ぶのがおすすめです。