おすすめの家庭用の昇降機の選び方

自宅で介護をするとなると大変になるのが階段やベッドなどの上り下りです。最初からバリアフリーの家に住んでいるのなら問題無いですが、そうではない家も数多くあります。急な介護であると便利なのが家庭用にレンタルなどされている昇降機です。一口に昇降機と言っても数多くあります。例えば椅子式の階段昇降機があります。当然のことながら使用する人がいかに操作しやすいか、また昇降機に座る要介護対象者がいかに座りやすく苦痛を感じないかという2点が主におすすめのポイントとなってきます。また、一人で昇降機の乗り降りが出来る人と、介助が無ければ出来ないという人、それによっても選ぶ昇降機には違いが出てきます。他にも、おすすめのポイントとして抑えておきたいのが、緊急の時にサポートや、点検やメンテナンスの体制がしっかり整っているかどうかです。

家庭用の昇降機を価格から選ぼう

高齢化が進むにつれて、家庭用のエレベーターや階段の昇降機などの需要が高まっています。介護をする人もされる人も、どちらも高齢になってくるとそういった機械にも頼って介護をしていかなければ身が持ちません。大切な介護用品ですがやはり価格も物によって高かったりします。ただ購買する人が年々増加してきているので少しずつではありますが低価格な物も発売されるようになりました。昇降機はエレベーターなどと違い建物に手を加えることをせず価格も抑え目で導入することができるというメリットがあります。階段の昇降機はまっすぐな階段用と曲がっている階段用とでも価格に違いが出ます。当然まっすぐな階段用の方が価格は安く曲がっている階段用と比較すると半分くらいで済んでしまいます。それ以外にも維持費がかかってきますので年間メンテナンス料などは事前に調べておくことをおすすめします。

家庭用の昇降機を選ぶ時に抑えるべきポイント

家庭用の昇降機を選ぶ時に抑えておきたいポイントは、最初にも記述しましたがメンテナンスの体制がしっかりしているか、介助する側もされる側も使い勝手がいいものか、という点です。他にも、命を預けるものですのでメーカーさんから昇降機を選ぶという人も多くいます。昇降機というのは販売しているところは多くありますが実際に製品を造っているという会社は国内でそれほど多くはありません。また海外の物より国産の方を選ぶ人が多いです。これは、安全面でもそうですが国産の方が、日本人の体型に合わせているところや日本家屋に合う昇降機を作っているからです。そして故障などが起きた時、海外の製品だと部品も海外から発注しなければいけませんが国産であれば部品の調達も早くできます。海外の物でもメリットは沢山あります。例えば、曲がっている箇所が多い階段や障害物が多い階段にも取り付けられるという所です。