不用品を寄付しよう

不要になった物でも、誰かのためにまだ使用できる可能性が残っている場合もあることを忘れないでください。
自分がゴミと思っても、他の人から見たら必要なものだということもあるのです。
不用品を寄付する方法がわからないため、処分してしまう場合もありますがこれは非常にもったいないですね。
寄付を受け付けている団体はたくさんあります。
団体によって受け付けている品物が違うので、事前にHPなどで確認しましょう。
中古品だけではなく、新品の受付もありますので、いらないものが出たら積極的に利用してみてください。
海外への不用品の寄付も可能です。
海外の場合、現地に直接寄付されたり、日本の事務所を通して贈られる場合があります。
海外に贈る場合、送料は自己負担の場合もありますので注意が必要です。
品物を寄付する場合、掃除やクリーニングをして、粗末な状態で出すのだけは避けましょう。
どんな品物でも、捨てるのはもったいないと思う意識を常に持つようにしましょう。
寄付と言っても、壊れていたり全く使えないものを寄付するのはただの押し付けになっていしまいます。
あなたにとって不用品でも、もらう相手の気持ちを考えて誠意をもって寄付にあたりましょう。